社会福祉法人 長野りんどう会|障害者支援施設|長野県長野市

 

グループホーム

 

グループホーム

グループホーム
 

概要

概要
 
グループホームでは
 グループホームでは、精神に障がいを抱えながらも地域で自立した生活ができるように、利用者さん数人が世話人の支援を受けながら、共同で生活をしています。
 
管理者        戸谷文恵
 
利用者の基準
主に精神に障がいをお持ちの方で、
1、医療体制が確保されていること。
2、共同生活ができること。
3、就労、または施設利用等、日中の居場所が確保され、継続的に通勤、または利用していること。
4、生活維持に足りる収入があること。
5、金銭の自己管理ができること。
6、家族等が家族会に参加・協力できること。
7、法人や関係機関の支援方針に協力できること。
 
サービス内容
・買い物、食事作り、掃除等の日常生活支援
・利用者及び家族に対する相談支援
・地域との交流、就労の支援
・精神保健福祉に関する情報の提供
☆上記内容は、世話人、地域活動支援センターが支援しています。
 
 
利用者の生活は?
 グループホームでは、利用者がお互いに協力しながら食事作りや清掃等を行っています。
 生活上の困っていることやルールなどは、利用者が主体となったミーティングで決めています。
 日中は、就労、アルバイト、就労支援施設、地域活動支援センターなどを利用して過ごしています。
 地域活動(地区清掃・地区行事等)にも積極的に参加し、地域住民としての経験を積んでいきます。また、利用者の誕生月には誕生会を開いて外食したり、お花見などの季節の催しもおこなっています。
 

食事について■
・一人当たりの食事代は、朝食100円、夕食400円を目安に作っています。
・買い物・食事作りは、当番制で職員の支援を受けることができます。(弁当の提供あり)
・食事は原則として一緒に食べています。
・のくとまーるは全員での食事は週二回の夕食のみ共有スペースで行います。
 
■掃除について■
各自の部屋は個々で行っていますが、共有スペースは定期的に全員で行っています。
 
■金銭管理について■
生活費は各自で管理し、食費、日用品費は共同で管理しています。
 
■通院・服薬について■
各自で責任を持って通院、服薬をしています。必要に応じて通院同行、連絡調整をしています。
 
■その他■
・タバコは決められた場所で喫煙しています。
・門限、飲酒は各住居で決められています。
 
 
 

各施設利用料

各施設利用料
 
いなだの家 こまざわ
ハウス
のくとまーる
定員 6名 5名 10名
家賃(月額) 23,340
19,000~21,000 29,000
食費(月額) 15,000 15,000 8,000
(共有部分に必要な金額となり、その他は自己精算となります)
光熱水費(月額) 11,000 11,000
日用品費、
地区交際費等
(月額)
4,000 4,000
合計 51,340 49,000~51,000
37,000
   
・この他に、保険料として10,000円(年額)必要です。
・光熱水費とは、ガス、水道、電気代のことを指し、実費精算となります。
・電気代は、個室使用料に共有部分に使用料を均等割りした額を加えての実費精算となります。
 (のくとまーるは各自で電力会社と契約していただき、共有部分のみ折半していただきます。)
・食費には昼食費はふくまれていません。
 

入所するにあたって

入所するにあたって
 
 まず、市役所で障害程度区分の調査を受ける必要があり、結果が出るまでに約二か月かかります。
 空室がある場合は体験入居もできますので、ご相談ください。
社会福祉法人 長野りんどう会
〒381-0041
長野県長野市大字徳間3222番地
TEL.026-239-7077
FAX.026-239-7070

───────────────
障害者支援施設
<<社会福祉法人 長野りんどう会>> 〒381-0041 長野県長野市大字徳間3222番地 TEL:026-239-7077 FAX:026-239-7070